本年度会長方針

歴史と伝統のある蕨ロータリークラブの会長を仰せつかり、身が引き締まる思いです。皆様1年間よろしくお願いいたします。
2021~2022地区活動方針「クラブに変化と成長を」ですが、COVID19のコロナの影響で、コロナ前とは否応なしに様々な場面で「変化」を強いられています。この強制的な「変化」を単に否定的にとらえていてはストレスが増すばかりです。
プラスに転じて、良い「成長」に結びつけるには「変化」を楽しみ、積極的に「面白がる」ことが大事ではないでしょうか。昨日と違う道を散歩すれば新しい風景に出会うのが楽しいように。
そこで今年度の活動方針は「ロータリーを面白がろう!」にさせていただきます。

例会を面白がろう
  奉仕活動を面白がろう
親睦を面白がろう
仲間を面白がろう
そして「ロータリーを面白がろう!」

<運営方針>
1,地元に密着した活動をして、蕨ロータリーの認知度を高める
2,奉仕活動を数多くしてクラブメンバーの意欲を向上させる
3,オンライン例会をより推進して出席率の向上を目指す
4,ホームページを刷新して、発信力を高める
5,会員を増強する(最低2名)
6,行政との連携を図る
7,わくわくするような楽しい例会を開催する
8,1つの活動で2つの効果(一石二鳥)を心がける
9,委員会に継続性をもたせる

RI シャカール・メーター会長のテーマ講演の中の「船は港にいれば安全ですが、
船の目的は港にいることではありません。海に出てこそ、船の目的が成就されます。
人生とは冒険であり、メンテナンスではありません」という一節はまさにロータリー活動に当てはまると思います。
 運営方針をできる限り、忠実に遂行できますように、各位のご指導、ご協力をお願いいたしまして、ご挨拶とさせていただきます。