不妊・子宝・婦人科疾患でお悩みの方 埼玉(蕨市・戸田市・川口市・さいたま市)で漢方をお探しなら[岡田厚生堂薬局]にご相談を

お問い合わせ2.jpg

周期調節法とは〜

女性の生理周期(月経初日〜翌月の月経初日まで)とは、妊娠を準備する基礎的なプロセスで、
月経期、卵胞期、排卵期、黄体期という異なる役割を持つ4期で構成されています。
周期調節法では、それぞれの期の働きをスムーズに行える様、各期ごとに
薬や、養生法を変えていく方法です。
また、西洋医学のホルモンリズムを示す基礎体温表もこの調節法に取込んでいます。

各期の改善方法

月経期

この時期は、体の中では厚くなった子宮内膜が剥がれ落ち、ホルモンの変化が激しく起こっていると考えられています。
基礎体温表は高温期から低温期に移行を示します。
中医学で泻陰(しゃいん)と呼ばれるこの時期にもっとも大切なのは、経血(月経血)を体の外にしっかりと排出させる
ことです。漢方では、体の中の『気』や『血』のめぐりを良くする方法で、経血を体の外に押し出す力をサポートします。
赤ちゃんのやどるお部屋(子宮)をきれいに掃除することで、次の期である卵胞期(低温期)につながります。

卵胞期

月経後から排卵までのこの時期は、子宮内膜が厚くなり、卵胞が発育して大きくなる一番大切な時期と言われています。
中医学で陰長(いんちょう)と呼ばれるこの時期は、体の中の『陰』と『血』を補い、子宮内膜や卵胞の成熟を
サポートします。

排卵期

この時期は、成熟した卵胞から卵子が飛び出す時期になります。
中医学では重陰転陽(じゅういんてんよう)と呼ばれるこの時期に大切なことは、『気』や『血』のめぐりを良くし、
排卵をスムーズに行わせる様サポートします。

黄体期

この時期は、厚くなった子宮内膜が柔らかくなり受精卵を迎える準備をします、また飛び出した卵子は黄体へとと変化します。
中医学では陽長(ようちょう)と呼ばれるこの時期に大切な事は、体を『温める』ことです。
この方法により高温相の維持をサポートします。
女性の方々の中には、この時期になるとイライラや気分の落ち込み、また、胸が張ってきたり、頭痛を訴える方がいます。
そういった方には、『気』のめぐりを良くする事などで、症状を和らげることが大切です。